FANDOM


分離個体化理論 (separation-individuation theory) は、マーガレット・マーラーが、母子の実験室観察に基づいて提示した発達理論。分離-個体化の成功により対象恒常性が達成されるとした。

分離個体化の過程 編集

正常な自閉期

0~1ヶ月。自己と他者の識別がなく、欲求が内部で全面的に満たされる。

正常な共生期

2~5ヶ月。内部と外部の識別が生じるが、母親とは全能的な一体感を持つ。

分離個体化期

分化期
5~9ヶ月。母親を対象として認識し、母親を特定化する
練習期
9~15ヶ月。基地としての母親、母親から離れ近くを動き回り探索する
再接近期
15~24ヶ月。母親を別の存在として認識し、両価傾向を持つ
再個体化期
25~36ヶ月。情緒的対象恒常性が萌芽し、母親表象が統合化され、母親の不在に耐え母親から離れて他の子どもと遊ぶ