FANDOM


来談者中心療法 (client-centered therapy) は、カール・ロジャーズとその共同研究者たちにより提唱され、展開している心理療法。クライエント中心療法。

名称は、非指示的精神療法から来談者中心療法、そしてパーソン・センタード・アプローチへと、時代を追って改名されている。

カウンセラーの態度 編集

自己一致 (congruence) 編集

セラピストがクライエントとの場で経験し感じていることと、表出される態度や言葉が一致していることである。純粋性、真実性とも呼ぶ。

相手への嫌悪を、表面的な共感や理解の言葉で覆っている姿勢などは透明でないとされる。治療者が自己を偽らず、関係の場において自己一致しているとき、クライエントに真の理解者として対しているのである。

受容 (acceptance) 編集

クライエントの感情に焦点をあて、(非難や賞賛を伴わずに)クライエントの気持ちが分かったという反応として用いられる。

この態度は、無条件の肯定的配慮ともいう。これは、セラピストの配慮にクライエントの考え、感情、行動を判定したり、評価したりしようとすることが全くないことを意味する。クライエントに対して、表出的に積極的な無欲な暖かさを経験することである。

共感的理解 (empathic understanding) 編集

あたかもその人のように (as if) という状態を失わず、いわば来談者の感情に巻き込まれることなく、来談者の私的世界を自分自身も感じるという状態をいう。

感情移入的理解と訳されることもある。

関連項目 編集