FANDOM


検定 (test) は、母集団全体の一般的傾向として、2つ以上の条件の何らかの値に差があるかなどについて確率論的に判断するための分析。

実際の研究においては、ある仮説の正しさを確率的に判断するために使われているといえる。

有意性検定、統計的検定(statistical test)、統計的仮説検定(testing statistical hypothesis)ともいう。

検定の手続き 編集

  1. 帰無仮説の設定:母集団についてある仮説(帰無仮説)を立てる。
  2. 統計量の算出:その仮説のもとではある標本統計量がどのような分布になるかを理論的に算出する。
  3. 棄却域と採択域の設定:その分布の上で、統計量が極端な値をとる領域(棄却域)を設定する。
  4. 帰無仮説の判断:実際の標本から得られた統計量が棄却域の中に入っていたら、仮説を棄却する。そうでなければ仮説を採択する。


関連項目 編集