FANDOM


注意欠陥・多動性障害 (attention-deficit hyperactivity disorder; ADHD) は、小児期に発症し、同年齢の他の子どもに比べて、落ち着きがない、集中力がなく注意力が散漫である、衝動を抑えられないといった行動が頻繁にみられる発達障害。原因は特定されていないが、脳機能の損傷や遺伝的要因が指摘されている。

基本的特徴は、不注意・多動性(過活動)・衝動性の3つ。


DSMにおける分類 編集

  • 注意欠陥・多動性障害を混合型 (combined type)
  • 不注意優位型 (predominantly inattentive type)
  • 多動・衝動性優位型 (predominantly hyperactive-impulsive type)