FANDOM


医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項もお読みください。


統合失調症 (schizophrenia) は、内因性の精神病で、一般的に思春期以降に発症し、症状としては幻覚や妄想などの現実歪曲症状と、思考や行動の統合が障害される不統合症状、思考や行動が貧困化する貧困症状などが認められる。

生涯罹患率は人口100人当たり1人であると言われているが、発症の原因は解明されていない。もともと訴因を持っている人が、日常的な刺激から脳の機能障害を発症するというストレス―脆弱性モデルが現在最も有力である。

元々ドイツ語の Schizophrenie に対する訳語として、明治時代に精神分裂病と訳された。しかし、患者・家族団体等から病名に対する偏見が著しく強いという苦情が多く、2002年に日本精神神経学会総会によって「schizophrenia に対する訳語を統合失調症にする」という変更がなされた。

DSM-IV-TRによる分類 編集

解体型 (disorganized type) 編集

破瓜期(思春期)に発病し、陰性症状(感情鈍麻、意欲低下、自閉傾向など)が進行するタイプで、陽性症状(妄想、幻覚)あまり見られない。基本的特徴としては解体した会話・行動、感情の平板化が挙げられる。薬物療法も奏効しにくく、予後不良の傾向がある。

緊張型 (catatonic type) 編集

20歳前後で突発的に発病する。基本的特徴としては不動性、過剰な運動活動性、極度の無言症、極度な随意運動、反響言語(他人の言葉の病的なオウム返し、意味のない繰り返し)、反響動作(他人の動作の模倣、常同症、衒奇症、自動的服従、擬態)が挙げられる。著明な運動の減少はカタレプシー(ろう屈症)や昏迷として表れることがある。しかし、予後は比較的良好で、社会生活が維持できる例も少なくない。治療により数カ月で寛解するが、再発も多い。

妄想型 (paranoid type) 編集

20歳代後半以降に好発する。基本的特徴は認知機能や感情が比較的保持されている中で、顕著な妄想や幻覚(主に幻聴)を主体症状としている。解体型や緊張型に特徴的な解体した会話や感情の平板化、解体または緊張病性の行動などの症状は顕著ではない。妄想、幻覚が主症状であるが、妄想の内容は恒常的であることが多く、次第に構築される。部分寛解や完全寛解を伴うエピソード性の場合もあれば、慢性の場合もある。比較的予後が良好で、社会生活の維持が可能なことが多い。

残遺型 (residual type) 編集

陰性症状が主体

鑑別不能型 (undifferentiated type) 編集

上記のいずれでもないもの


症状 編集

陽性症状 編集

正常な心理状態ではみられない異常な心理現象である症状

  • 幻覚・妄想
  • 奇異な行動
  • (陽性の)思考形式の障害
  • 場にそぐわない感情

陰性症状 編集

正常な心理状態にはあるはずのものが欠落している症状。

  • 情動の平板化・情動純麻
  • 思考の貧困
  • 意欲・発動性の欠如
  • 快感喪失・非社交性
  • 注意の障害