FANDOM


自我同一性(ego-identity)は、エリク・エリクソン(Erikson,E.H.)の心理社会的発達理論における青年期の発達課題を示す用語。単に同一性、アイデンティティと称されることも多い。

「自分は何者か」「自分のめざす道は何か」「自分の人生の目的は何か」「自分の存在意義は何か」など、自己を社会の中に位置づける問いかけに対して、肯定的かつ確信的に回答できることがアイデンティティの確立を示す重要な要素である。 これと対をなすのが同一性拡散である。