FANDOM


認知心理学 (cognitive psychology) とは、1950年前後から情報理論の発展やコンピューターの実用化、人工知能研究の試み等の影響下に成立した、人間の高次精神活動つまり認知過程の研究を主領域とする心理学の一分野である。

認知心理学は、心理学がこれまでに別々に扱ってきた多くの基礎的な分野(記憶、言語、イメージ、学習、思考など)を統合的に扱う。認知科学という学際的学問領域の一つ。

特徴 編集

  • 人間を一種の高次情報処理システムと見なす。
  • 認知科学の一領域である。
  • 認知科学者が研究対象とする12の主題(信念、システム、意識、発達、感情、相互作用、言語、学習、記憶、知覚、行為実行、技能、思考)のほぼ全領域に心理学がまたがっている。


主な研究領域 編集


外部リンク 編集